平成29年度 高度専門職業人養成機能強化促進委託事業

MICE・地方観光人材育成プログラム〜持続的な発展を目指して

受講をご検討の方へrequirements

受講者の声

ホテルチェーン業 取締役人事本部長 女性 40歳代

三重県に本社をおくホテルチェーンで勤務をしています。地方観光人材、MICEと今後のサービス業界に欠かせない戦略をテーマとした本講座に興味を持ち受講を決めました。一般的なマネジメントスキル講座と異なり、サービスをアカデミックの側面から体系的に学ぶ連続講座というのは非常に珍しく、本コースの大きな特徴だと思います。講座の中でも印象に残っているのは、『サービス・マネジメント』です。ホスピタリティというどちらかといえば感性が重視される分野において、工学的なアプローチでの学びは非常に新鮮で、新しい視点を頂けました。現在、弊社ホテルチェーンの勤務シフト改革に着手しておりますが、使用したテキストを活用しながらプロジェクトを進行しています。実践にも使える講座だと思います。

監査法人 関西リスクアドバイザリー部 シニアスタッフ 男性 30歳代

私は普段、主に地方自治体の構想策定等の支援を行うコンサルティング業務に従事しています。近年は、観光やMICEの戦略策定の支援等へのニーズが非常に高まっているため、それらに関する体系的な知識を習得したいと思ったことが受講の動機です。実際に受講してみて、まず一番に感じたことは学術的な内容と実務的な内容のバランスの良さです。本プログラムでは、観光に関する最先端の研究をやられている教員の方と、ホテル経営の最前線で活躍されている実務家の方の双方から今後の業務に活用できる様々な示唆を得ることができました。ケース研究やレポート作成など仕事との両立で苦労する面もありましたが、それ以上に講師の方や同じ受講生の方との議論での気付きも多く、今後のキャリアにおいても有益な経験であったと感じています。

旅行代理店 九州法人営業部 営業リーダー 男性50歳代

私は旅行会社で働いています。旅行業の枠に留まらず、観光業という大きな枠で仕事をすることを目標にしています。最初にこのプログラムを受講しようと思った動機は、仕事上で関連がある分野(先端科目の地域観光・インバウンドマネジメント・サービスマネジメント)が、本講座にあったからです。受講すれば、実務事例をわかりやすい解説で理解でき、その中にアカデミックな理論をもとにして、新しい実践方法を学べるので、仕事に幅を持つことができます。また受講する中で、経営の基礎知識が必要と感じて、今は基礎科目のマーケティングや会計・財務諸表等も学んでいます。私とは異なるバックグランドの受講生と議論をして、発表資料作成を経験することは、とても有益で楽しく刺激的です。