受講をご検討の方へ
REQUIREMENTS

受講にあたって

本プログラムは、「履修証明書取得コース」と「非履修証明書取得コース」があります。「履修証明書取得コース」は、地域医療に必要な地域医療経営マネジメントを体系的に学ぶことができます。また、本プログラムは、令和3年度より専門実践教育訓練給付金の対象講座となりました。本給付金制度を活用して「履修証明書取得コース」を受講することが可能です。全13科目から受講科目を選択することができますので、地域医療に必要な地域医療経営マネジメントを体系的に学ばれることをお勧めします。

非履修証明書取得コースは、選択必修科目を1科目から受講することができます。本プログラムは、MBA取得を目指す方、学生時代に経営マネジメント関連の授業を受けたことがなく理論をきちんと学びたい方、人事異動等で地域連携部門に移り早急に業務対応力が求められる方など、様々なニーズやシーンに対応できるように受講者が自由に受講科目を選択することができます。
なお、本プログラムの受講は出願制です。出願については「受講申請」をご覧ください。

  • 医療・介護経営マネジメント
  • 地域医療マネジメント
  • 地域医療・介護経営人材

■地域医療経営マネジメントを体系的に学びたい方(履修証明書取得コース)

地域医療経営マネジメントを体系的に学びたい方には、履修証明書発行のプログラム履修をお勧めします。本プログラムは、文部科学省「職業実践力育成プログラム」に認定されていますので、要件を満たした場合は本学より履修証明書を発行いたします。

【履修証明書発行のメリット】

履歴書、経歴書等に「関西学院大学 地域医療経営人材育成プログラム履修」として追記することができます。

【履修証明書発行の履修条件】

履修証明書の発行には、次の(1)(2)の両方の条件を満たすことが必要になります。

  1. 本プログラム所定の課程の総授業時間数が129時間以上であること。
  2. 基礎科目と発展科目・先端科目をバランスよく履修いただくために

    基礎科目は、4科目のなかから2科目以上を履修。

    発展科目・先端科目の9科目のなかから5科目以上履修で、選択必修科目である「地域包括ケアと医療経営」「ソーシャル・マネジメント」「医療機関事業承継」「医療機関事例研究」のうちから1科目以上を履修。ただし、発展科目の受講は1学期(春学期、秋学期)につき3科目までです。

厚生労働省教育訓練給付制度を活用した受講について
履修証明書取得コースを選択される受講生のうち、一定の条件を満たす雇用保険の被保険者(在職者)または被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣の指定する専門実践教育訓練を受講し修了した場合、本人が教育訓練施設に支払った教育訓練経費の一定の割合額(上限あり)をハローワークから支給する制度です。本制度を活用するには、原則として受講希望者が本人の住所を管轄するハローワークにて受給資格を確認の上、必要書類をそろえ、受講開始1ヶ月前までに支給申請の手続きが必要です。
受講修了後、教育訓練施設に支払った教育訓練経費の最大70%相当(受講中50% 444,000×50%=222,000円、 修了後20% 444,000×20%=88,800円 諸条件あり)が支給されます。そのため、本制度を活用するには制約条件があります。

【本制度を活用した受講条件】

2021年4月16日(金) ~ 4月30日(金)
※ハローワークに事前申請いただくため一般の受講申請より出願が早くなっています。

基礎科目から2科目、発展科目と先端科目から選択必修科目最低1科目を含む5科目を選択いただきます。

上記受講科目を必ず2022年8月までに履修を修了すること。

【出願前に受講希望者が行うこと】
1.受給資格があるかを受講希望者本人の住所を管轄するハローワークへ行き確認する。
全国ハロー
ワークの所在案内は下記より調べることができます。
 全国ハローワークの所在案内
2.ハローワークにジョブカード作成希望の電話を入れ、キャリアコンサルティングの予約・面談を経てジョブカードを入手する。
3.必要書類を揃え、受講開始日の1か月前(2021年4月30日(金))までにハローワークで支給申請手続きを行う

<支給申請手続き時に必要となる本学の情報>
・指定番号     :78017-211001-3
・教育訓練施設の名称:関西学院大学大学院
・教育訓練講座名  :診療所を中核とした地域医療経営人材育成プログラム
・受講開始予定年月日:2021年6月1日(火)
・受講修了予定年月日:2022年8月31日(水)

【受講中に受講者が行うこと】
「専門実践教育訓練の教育訓練給付金」は、受講者が受講計画どおりに受講しているかを、受講開始日から6か月毎の定められた期間内に受講者がハローワークで支給申請手続きを行う必要があります。
診療所を中核とした地域医療経営人材育成プログラムは15か月のプログラムですので、2021年11月末と 2022年5月末にハローワークで支給申請手続きを行ってください。

【修了時に受講修了者が行うこと】
修了日の翌日から1か月以内(2022年9月30日(金)まで)に本学が履修証明書取得者のみに発行する「受講証明書」等必要書類を揃え、ハローワークに支給申請手続きを行ってください。
※20%の追加支給分については、修了時に雇用保険の被保険者である場合、または修了後1年以内に被保険者になった方が追加支給申請の対象者で、別途手続きが必要です。

【注意】
・支給申請手続き後、受講者が指定する銀行口座に給付金が振り込まれる流れになります。
よって、本学には受講料全額指定の期限までに一旦 納入いただく必要がありますのでご注意ください。
・この制度についての詳細は、厚生労働省やハローワークのウェブサイトでご確認いただけます。
  また個別の照会については、最寄りのハローワークまでお問合せください。
  手続きの詳細については、こちらで確認してください。

専門実践教育訓練明示書

■必要な知識を学びたいと考える方(非履修証明書取得コース)

本プログラムを構成する13科目のなかから受講したい科目を1科目から受講することができます。但し「地域包括ケアと医療経営」「ソーシャル・マネジメント」「医療機関事業承継」「医療機関事例研究」のなかから1科目以上を履修することが必要です。発展科目を1科目でも履修される方は、学期末まで「科目等履修生」という学籍を付与いたします。「科目等履修生」になると、さまざまな特典があります。入学後、修得した科目を増やして履修証明書発行に必要な単位に達しますと履修証明書を発行いたします。

★関西学院大学経営戦略研究科(ビジネススクール)でMBAを取得されたい方

MBA取得には44単位の履修が必要です。本プログラムの発展科目は全てビジネススクールの正規授業科目ですので、修得した単位は、学位取得に必要な単位としてカウントされます。開講スケジュールと関心のある科目を勘案しながら2020年度で受講できそうな科目を選択いただきます。履修科目数に下限はありませんが、可能な限りで履修されるのが望ましいといえます。受講科目の選択において、必ず、「地域包括ケアと医療経営」「ソーシャル・マネジメント」「医療機関事業承継」「医療機関事例研究」のなかから1科目以上履修いただきます。なお、基礎科目は、学位取得に必要な単位には算入されませんが、これまで経営関連科目を学んだことがない方には、併せて履修されることをお勧めします。